2017年02月26日

平成28年度長期優良住宅・低炭素建築物認定制度講習会

半月以上過ぎてしまったのですが、2月7日に、
平成28年度長期優良住宅・低炭素建築物認定制度講習会がありました。
愛知県主催の講習会で、私は、昨年に続き今年も受講しました。

IMG_5722.JPG

IMG_5723.JPG

愛知県では、戸建住宅の4割が長期優良住宅の認定取得されているとのことです。
平成27年度の認定戸数としては、12517戸で、県別では、全国一らしいです。
2位の神奈川県と比べると、ほぼダブルスコアです。

戸建住宅と言っても、構造はいろいろです。
県の担当者の方のお話から察すると、
大手ハウスメーカーの鉄骨造が戸数を伸ばしているのではと。
当然、大手の2×4もかなりの割合で入っているはずです。
私としては、在来軸組工法をメインに設計監理業務してますので、
認定戸数における木造在来軸組工法の割合が知りたいところです。

長期優良住宅の技術的審査を受ける時に、
審査機関の性能評価部審査員の方にお聞きした話では、
梁桁材については、米松やレッドウッド集成材などの外材がメインのようです。
私のように地域材の杉の梁桁材は、かなり珍しいようです。

地域によって、状況の差はあるのでしょうが、
長期優良住宅での地域材活用は、まだまだ一般的には難しいのでしょうか?
私の自分の実務廻りの環境では、地域材活用は全然普通なんですが、
私も、詳細には把握し切れていません。

地域型住宅グリーン化事業は、まさに、国として進めている事業で、
長期優良住宅・低炭素建築物認定制度促進をセットにした施策とも言えます。
ただ、外材の合法木材も途中で利用可能になってますので、
採択グループによっては、使用されている木材は、絶対国産とは言えません。

ただ、こういう講習会を受講すると、
県が性能の高い住宅を求めている感じは、ひしひしと伝わります。

私も、地域材活用を有効に行いながら、
より性能の高い家づくりを進めて行ければと思います。
posted by 青木正剛 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

インフルエンザA型

生まれて初めてインフルエンザにかかりました。
今まで、家内や子供がインフルエンザにかかった時も、
普通に暮らしていて、感染することはありませんでした。

自分は、インフルエンザにかかり難いタイプかも?
と、タカをくくっておりましたが、
世の中、そんなに甘くはありません。

今回、家族内に感染者は無く、どこでもらったかも見当が付きません。
インフルエンザの感染力、恐るべしです。

経験すると、思った以上にしんどくて、しつこい感じです。
39度以上の高熱、頭痛で夜眠れない、寒気、倦怠感、食欲不振などです。
昼間も床に臥せているのが数日続いたのは、すごく久しぶりです。

発症後、インフルエンザとは思わず、手持ちの薬を飲んだのですが、
どうも、効きが違うと感じで、運良く発症後2日以内で、受診。
鼻粘膜検査で、インフルエンザA型陽性となりました。

知らない間に医療は進んでいるもので、(私が知らないだけですが、)
点滴注射を15〜20分で打つだけで、
タミフルやリレンザの5日分の同様効果があるとのこと。
先生に勧められて、点滴注射受けました。

私の個人的な感じとしては、
点滴後、気持ち悪いのがかなり和らいだ気がします。
明確に、改善に変わった感じがしました。
ただ、熱が下がり、頭痛が消え、倦怠感が無くなり、食欲が戻る、というのは、
その後の、時間と体力の勝負という印象でした。
風邪より、しつこい様な気がします。

点滴注射は、発症後2日以内にしないと効果が下がるようです。
また、副作用は、当然あるようです。

社会の感染症の脅威は増えるばかりではありますが、
医療の方も、どんどん進んでいるものだと感じました。
治療が楽なのは、ありがたかったです。
posted by 青木正剛 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

キッチン袖壁・・・家具つくり

対面キッチンを間取りに採用すると、多くの場合、家事動線側に袖壁ができます。
その袖壁を有効利用する時に、造り付家具をよく利用しています。

材料は、主に、杉材です。
小巾のカウンターとなる笠木部分は、ヒノキ材としています。
写真の事例は、杉・ヒノキとも三河産の地域材利用です。

R0013725.JPG

R0016568.JPG

R0016901.JPG

マガジンラックだったり、奥行きの浅い棚だったり、
お施主さんのご要望で選定しています。
棚の方は、可動棚ですので、後から枚数を増やすのも簡単です。

造り付家具は、形状やつくりが自由にできます。
使い勝手は良くなるのはもちろんですが、
木の家らしい風合いを醸し出してくれます。
構造材や造作材・板材などと、質感の統一感が綺麗です。
ちょっとした仕様ですが、無垢材のワクワク感も感じることができます。

対面キッチンの場合、既製品キッチン利用でも、木の家らしいキッチンにできます。
機能と風合いの両立という面では、お勧めの仕様です。

無垢材を活かした木の家らしい木の家には、造り付家具もぜひご活用ください。
造り付家具は自由度が高いので、新築でもリフォームでも利用できます。
posted by 青木正剛 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする