2017年02月04日

小屋裏の有効活用

野地板を化粧で見せる仕様が多いせいか、小屋裏収納を活用しています。
屋根断熱と屋根通気を設けて、室内側は、小屋組みと野地板を見せる造りです。

屋根裏が極力少ない設計になってくると、
電気の配管・配線スペースで利用できる屋根裏が無い訳ですので、
電気工事は、どんどん難しくなってきます。

そこで、電気の配管配線スペースを確保しつつ、収納も増設しよう、
ということで、建築基準法上の小屋裏収納を活用しています。

R0012349.JPG

R0012440.JPG

R0012441.JPG

小屋裏収納は、建築基準法上、階にも、延床面積にも含まれません。
ただ、そのためには、条件があります。
天井高1.4m以下で、下階の床面積の1/2以下の小屋裏収納面積です。
小屋裏収納への経路は、固定階段でも、可動はしごでも、法規上どちらでも構いません。
(逆に、条件に合わない2階上のロフトは、3階になり、法規制が変わるので要注意です。)

居室廻りの吹抜け天井の確保を優先して、
廊下・水廻りの上部を小屋裏収納とするパターンから、
可能な限り目一杯の面積の小屋裏収納を取る、というパターンまで。
設計の方向性に配慮しながら、いろいろパターンで取り入れています。

でも、「収納部は増やしても余計な仕事は増やさない。」が、テーマです。

小屋裏部で、電気配管配線を隠すかどうかは、仕事量が大きく変わります。
予算に配慮し、屋根裏電気配管配線スペース兼用の小屋裏収納も多いです。

CIMG0731.JPG

R0017054.JPG

小屋裏の壁は、防火構造の内貼りと、天井裏となる部分との間仕切部のみ。
居室吹抜け部の裏側となる部分は仕上貼り無し。
間柱や接合金物、そして電気の配管配線も表しです。
ロフトという名のイメージよりも、
屋根裏の有効利用と考えていただいた方が、しっくりくるかもしれません。

居室の吹抜け側から見える部分は、デザイン上の見た目を整えます。
こちらの方は、ロフトというイメージです。

2階の天井についても、小屋裏天井についても、
天井仕事が極力無いように設計しています。
一例ですが、小屋裏収納の床は24mmヒノキ構造用合板を川の字打ちして、
下面は、小屋梁と一緒に、化粧で表し使いです。
2階の天井と小屋裏収納の床が完成します。

野地板を化粧で見せる仕様では、木組みも良さも表現しやすく、
設計の工夫で、工事の省力化を図りながら、収納スペースの増設も可能です。
posted by 青木正剛 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木の家づくりに励む建築士のブログ・・・タイトル変更のお知らせ

いつも「木の家づくりに励む建築士のブログ」をお読みいただきありがとうございます。
今回、ブログタイトルを、変更させていただきます。

新しいタイトルは、「木の家づくりに励む建築士のブログ(青木設計の家づくり)」です。

これまで、日常の趣味嗜好の話題も含め、建築士として、
スキルアップに関わることや、建築業界のこと、
何かお役に立つ情報であればと、お伝えしてまいりました。

家づくりの業界の中では、いろんな業態でたくさんの設計事務所が関わっています。
私も、信頼できる設計監理がご提供できる設計事務所の一つとして業務を続けております。

ただ、設計事務所が、どのような役割を果たしているのかは、
お施主さんを始め、一般の方々には、なかなか見え難い状況が続いているように感じます。

今後は、設計事務所としての業務、建築士としての果たすべき役割など、
より信頼の高い家づくりのための情報を、ご提供していきたいと思います。

また、日常の出来事も、これまで通り、お伝えしていければと思っております。

今後とも、よろしくお願いいたします。



追伸

2016年12月13日に開始いたしました「青木設計の家づくりブログ」は、今後閉鎖予定です。
こちらのブログで、その内容を発表させていただこうと思います。
投稿済みの記事は、順次こちらのブログに転載させていただきます。
既にお読みいただきました方には重複することになり、申し訳ありません。
posted by 青木正剛 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

長期優良住宅で信頼性を高める

長期優良住宅は、耐震性・劣化対策・維持管理・省エネ性を高めた住宅です。
法律の中で、家の長寿命化を求めた、ある意味貴重な国の施策です。
公に高い性能を認められた住宅と言えます。

認定を取得するためには、申請が必要となります。
審査機関で技術審査を受け、適合証が発行されてから、
所管行政庁に申請し、審査を経てから、認定証を取得します。

認定を取得すると、税制優遇や地震保険の割引などが受けられます。
住宅融資のフラット35で、金利優遇のあるフラット35SAの利用も可能です。

家づくりに性能の高さを求めるには、公の評価が得られますし、
お施主さんにとって、メリットは大きいように思います。

工事費において、認定取得すると、掛かる基準が増えて、
工事費用が高くなるという印象があるかもしれませんが、
極端に工事費を押し上げるようなことはありません。
今の社会に流れの中では、やっておいた方が良い内容です。

耐震性の基準では、耐震等級2以上にすることが条件ですが、
等級3にグレードアップしておいた方が良いと思います。
私の場合、特に指定が無くても、耐震等級3で設計を行うようにいます。

性能を担保することができる長期優良住宅ですが、
一つ気を付けないといけないこともあります。

長期優良住宅では、公の完了検査はありません。
審査機関も行政庁も、長期優良住宅の完了検査はありません。
申請者名(お施主さん)で、完了の報告を所管行政庁に提出するだけです。

実は、その時に、確認書という書類を合わせて提出します。
確認書は、監理者である建築士が、長期優良住宅のそれぞれの基準について、
認定書の内容通りに完了していることを確認しました、と報告する書類です。

ですので、建築士がちゃんと監理しているかどうかが、
建物の信頼性を左右することとなってしまうのです。

長期優良住宅で信頼性を高めるには、設計事務所の設計監理はお勧めです。
posted by 青木正剛 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする