2016年12月25日

木塾2016第2講座・実大実験

既に20日ほど過ぎてしまいましたが、
12月5日に、木塾2016での実大実験講座が、今年も行われました。
今年の実大実験は、昨年に引き続き、耐力壁です。
貫タイプの構造用合板と、合板を無しで貫だけのもの、計2体です。

構造用合板・貫タイプは、告示仕様の1.5倍で、貫のみは、法律上は倍率無しです。
貫のみの耐力がどうなるか?以前から、非常に興味があった部分です。

貫は27x120の杉材で、俗に厚貫と言われるタイプのものです。
楔は三角ではなく平行型の樫材で、貫穴より3mmアップでたたき込んでいます。

大変形に至るまでめり込みを期待した仕様と言えます。
構造用合板は12mmで、釘は、告示通り、N50を150ピッチです。

IMG_5306.JPG

IMG_5310.JPG

IMG_5315.JPG

1/450ラジアンから押し引きを始め、最後は、1/15ラジアンまで押しました。
実験結果は、初期剛性から最終変形時の粘り強さまで、なかなか優秀でした。
低減係数を無視した数値ではありますが、
構造用合板・貫タイプが2.37倍、貫のみのものが1.58倍、となりました。

正直、特に貫のみの耐力は、ちょっと驚きでした。

どちらも1/15を超えるまで耐力も落ちずほとんど損傷も無しでした。
粘り強さと損傷し難さが、検証できました。
貫タイプの耐力壁は、もっと再評価されるべきではないかと感じました。

初期強度の発揮から、大変形時の強度保持、そして、損傷のし難さなど。
総合的なパフォーマンスの高い耐力壁と言えそうです。
ただ、手間が増えることへのバランスをどう考えるかは課題です。

やっぱり実大実験は、収穫が大きいです。
posted by 青木正剛 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

日本左官会議講演会・名古屋編2016,12,10

先週の土曜日、名工大で行われた日本左官会議の講演会に参加しました。
テーマは、「職人がいる町、塗り壁のある暮らし−その終焉がもたらすもの」

IMG_5321.JPG

IMG_5327.JPG

左官職人の挟土秀平さんをはじめ、
著名な左官職人さんの方々の、貴重なお話をお聞きしました。

登壇される方々の、実例写真を見ながら、思い入れのこもったお話です。
改めて左官の魅力を再発見します。
そして素材の大切さを、また改めて思い知らされます。

土壁と左官仕上げの仕事、もっとやらなければと思うものの、
現実的には、やっぱ問題は設計依頼が・・・。
家を建てる方々が、もっと、土壁に興味を持っていただけたらと思います。
私も、土壁の家づくりを提供できる者の一人でありたいと思っています。

土壁は、断熱性は不利と言われていますが、
ちょっと工夫すれば、長期優良住宅への応用もできそうです。
調湿性能から質感、そして美しさまで兼ね備えた土壁の魅力を享受してください。

東海地方は土に恵まれている地域です。
しかし、土壁を提供するどろコン屋さんは既に4〜5軒になっている状態とのこと。
土壁の家づくりを多くして、もっとどろコン注文してあげないと。
もし、どろコン屋さんが途絶えたら、ますます、土壁の家がつくり難くなります。

もっと土の仕事頑張らねば。
土壁にご興味をお持ちの方、ぜひ、お声掛けください。
posted by 青木正剛 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

WSき組神戸見学会3・里山住宅博

浄土寺の後は里山住宅博の見学です。
ワークショップき組理事の小林一元さん設計の住宅や、
インフォメーションも兼ねる堀部安嗣さん設計や、
松澤穣さん・趙海光さん設計の住宅を見学しました。

郊外にできた里山の木の家、なかなか魅力的です。
将来は分譲される予定とのことです。
一般の分譲住宅地とはちょっと違った素敵な街並みになりそうです。

自分がもし担当したら、どういう設計をしようか。
思わず考えてしまいました。

同業者の見学は、3000円の入場料が掛かりますが、
開いてる棟は内部も見学可能で、写真撮影も可で、冊子もいただけます。

いろいろ良い刺激がいただけました。

IMG_5260.JPG

IMG_5266.JPG

IMG_5282.JPG

IMG_5291.JPG

IMG_5302.JPG

・現代的な白い壁の空間と、無垢材との調和。
・仕上げ用モイス素地と、ヒノキ無垢材でつくる
・木組み表しの民芸調の住空間
・無垢材を使ってつくる高断熱の現代的な住空間
という印象でした。

複数の建築家が無垢材を使うと、趣の多様性が広がると感じました。
改めて、無垢材を活用した住空間は良いな、と感じました。
自分も、無垢材が活用できる建築士の一人として、もっと頑張らねば。
posted by 青木正剛 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする