2017年03月01日

安価な耐震改修工法講習会2017

今日は、2017年の安価な耐震改修工法講習会がありました。
愛知建築地震災害軽減システム研究協議会(減災協)主催の講習会です。
毎年開催されていますが、私も、これで6年連続の出席となりました。

IMG_5768.JPG

IMG_5769.JPG

IMG_5770.JPG

今年も、参加者には、「木造住宅 低コスト 耐震補強の手引き」が配布されました。
今年は、またまた冊子の厚みが増しました。

A工法と呼ばれている減災協オリジナル評価の工法の進化は素晴らしいです。
安価で汎用的な、構造用合板がメインの工法ですが、
施工性を意識して、かゆいところに手が届く工法と言えます。

ちゃんと実験をして耐力確認をし、妥当な基準耐力の明示がされています。
今回特徴的なのは、合板入隅の、勝ち側と負け側の両方の耐力が盛り込まれたこと。
また、土壁部の補強がし易いように、間柱無しや裏桟無しの仕様が充実しています。
多用な部分開口有りも網羅されているのは、
実務に即した研究開発がされていることを物語っています。

数年前からの傾向ですが、補助金対象工法として採用する県が増えているようです。
その結果、減災協には、他県からの質疑も増えているそうです。
実務に有効なのは、自然と広がりを持つものなのでしょうね。
posted by 青木正剛 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック