2017年02月13日

花粉症が軽減

私が初めて花粉症になったのは、30年ほど前です。
人生の半分以上を花粉症と付き合ってきました。

花粉症のアレルギーで、いろいろ辛い経験をしました。
アレルゲンは、杉花粉がメインで、
ヒノキ花粉やブタクサ花粉、ダストなどにも反応します。
とにかく、杉花粉の時期は、ほんとしんどかったです。

私のアレルギーの特徴は、夜中の鼻づまりです。
寝ている最中、息苦しくて、突然目が覚めることもしょっちゅう。
苦しくて、眠れなくなったことも何度もありました。
大げさと思われるかもしれませんが、死にそうな気分でした。
辛い時は、セレスタミンというステロイド薬のお世話になっていました。

6年ほど前に、アレルギー反応が慢性化して、年中しんどくなって、
レーザー治療というものを地元の耳鼻科で受けたのですが、
治療後数か月は改善したものの、翌年悪化し、
薬を飲まない期間が4ヶ月ほどしかない、という状況になってしまいました。
それで、5年前に、静岡県浜松市にあるサージセンター浜松を受診しました。

自分としては、手術を受けるぐらいの意気込みで行ったのですが、
所見は、点鼻薬の上手な使い方と、鼻うがいをしなさい、ということでした。
鼻の中の環境をリセットして、健全に保ち続けることが意味があるそうです。

それ以来、夜寝る前の鼻うがいは、ほぼ欠かしたことがありません。
もう5年になりますが、鼻うがいしないと寝れない感じになっています。
その他、半信半疑で、青汁を飲んだり、マーガリンを避けてみたり、
と、いろいろ試してはいますが。

昨年あたりから、妙にアレルギー反応が軽減しています。
昨年は、杉花粉ピーク時に、1〜2か月、薬を飲んだだけです。
本来、暮や年明け早々から、軽い鼻づまりが始まるタイプだったのですが、
今年は、2月に入っても、ほとんどアレルギー感がありません。
ちょっと、信じられないぐらいで、家内も不思議がっています。

もしかしたら、加齢という原因もあるのかもしれませんが、
筋金入りのアレルギーで来ましたので、
ちょっと、それだけでは説明がつかない気がしています。

鼻うがいの効果は、すごいのかもしれません。
(個人差はあるでしょうが)
posted by 青木正剛 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック