2017年02月08日

基礎工事・・・コンクリート

2017,01,25の青木設計の家づくりブログの記事の転載です。
既にお読みいただいた方は、重複して申し訳ありません。


住宅基礎の基礎コンクリートの設計基準強度は、21が一般的です。
単位は、N/muとなります。
青木設計でも、基礎コンクリートは、通常21を設計基準強度としています。

実際の打設強度はというと、一年中27で打設しています。
(ただ、お施主さんから、より高い強度希望がある場合は、30も使用します。)

日本建築学会の建築工事標準仕様書JASS5コンクリート工事では、
コンクリート打設時の気温により補正が決められています。
冬の最も寒い時期は、6補正、その前後の時期が3補正です。
また、夏の暑い時期には、暑中コンクリートと言って、6補正となります。
打設強度27であれば、一年中、設計基準強度21をクリアできることになります。

コンクリートの材料指定は、JIS規格品で強度指定をすることで行っています。
生コンクリートを作って出荷するプラントは、JIS認定工場の認定を取り、
プラントごとに、それぞれの基準強度で、コンクリートのJIS規格を取得しています。

プラントごとに、材料の産地や配合などが、微妙に違うようですが、
コンクリートの強度や品質は、JIS規格で守られている訳です。

コンクリートのJIS規格の取得では、強度と比例してで水セメント比も決まっています。
水セメント比は、強度が高くなるにつれて、数値が小さくなり、品質としては良質になります。
耐久性が高くなり目安として水セメント比55%以下と言われています。
プラントにより差は有るようですが、
基準強度27で、水セメント54%ぐらいが多いようです。

春秋は、温度補正が無くなりますので、
ほんとは、打設強度を設計基準強度のままで良いのですが、
基準強度21で打設しようとすると、水セメント比が悪くなってしまいます。
それで、水セメント比を重視する観点で、年中、基準強度27で打設するようにしています。

家の長寿命化を目指すのであれば、水セメント比は55%以下にしておきたいです。
posted by 青木正剛 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446803102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック