2017年01月31日

木塾2016第4講座

先週の土曜日は、木塾2016第4講座でした。
テーマは、「設計者として、経験と勘に頼らない木構造」
講師は、岐阜県立森林文化アカデミー准教授の小原勝彦先生です。

建築は、経験が大事な業界ではありますが、現代の建築は常に進化しています。
中でも、構造は、法規制の改正も含め、以前とは大きく変化してきています。
そんな状況の中、最近の頻発する大地震の被災状況の報告も含め、
木構造全般を、法規制や事件結果を踏まえ、
構造検討と計算根拠の大切さを、解説していただきました。

プロとして、どのような姿勢で、どのように対応していくべきかを、
今一度考えなおす、良い機会となりました。

熊本地震の被災状況の解説では、旧耐震の建物だけでなく、
新耐震の建物でも、大きな被害を受けた事例が、複数報告されました。
また、新しい建物の中では、同じエリアでありながら、
外見上はほぼ無被害という建物もありました。
そういう状況を見ると、設計者は何を成すべきかは、非常に大きな問題です。

地盤・基礎から始まり、耐力壁・床構面、
そして接合部やプレカット仕口の強度に至るまで、
先生の長年の研究と実験結果によるお話は、実務に直結しています。

複数回地震による建物性能の問題では、
「一般の方は、複数回の大地震に対して、損傷防止を求めている。」
という評価をされてみえました。
法律が、大地震に対して、損傷防止ではなく、
安全に避難できることを規定していることからすれば、
本来は、大きな課題となる内容です。

私も、最近は要望が無くても、基本的に耐震等級3で構造計画しています。
さらなる余力の確保のため、敷地環境や地盤状況を正確に把握し、
+αの構造計画をしていきたいと感じました。

また、先生が研究開発に携われてきた制震ダンパーが、
奇しくも、最近の大地震で、その効果を確認することできたそうです。
その話は、非常に興味深かったです。
制震ダンパーは、大規模な基礎が絡む免震構法とは違って、
施工的にも、費用的にも、利用しやすそうです。
設計内容の条件や状況によって、対応していければと思いました。
posted by 青木正剛 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446517333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック