2016年12月25日

木塾2016第2講座・実大実験

既に20日ほど過ぎてしまいましたが、
12月5日に、木塾2016での実大実験講座が、今年も行われました。
今年の実大実験は、昨年に引き続き、耐力壁です。
貫タイプの構造用合板と、合板を無しで貫だけのもの、計2体です。

構造用合板・貫タイプは、告示仕様の1.5倍で、貫のみは、法律上は倍率無しです。
貫のみの耐力がどうなるか?以前から、非常に興味があった部分です。

貫は27x120の杉材で、俗に厚貫と言われるタイプのものです。
楔は三角ではなく平行型の樫材で、貫穴より3mmアップでたたき込んでいます。

大変形に至るまでめり込みを期待した仕様と言えます。
構造用合板は12mmで、釘は、告示通り、N50を150ピッチです。

IMG_5306.JPG

IMG_5310.JPG

IMG_5315.JPG

1/450ラジアンから押し引きを始め、最後は、1/15ラジアンまで押しました。
実験結果は、初期剛性から最終変形時の粘り強さまで、なかなか優秀でした。
低減係数を無視した数値ではありますが、
構造用合板・貫タイプが2.37倍、貫のみのものが1.58倍、となりました。

正直、特に貫のみの耐力は、ちょっと驚きでした。

どちらも1/15を超えるまで耐力も落ちずほとんど損傷も無しでした。
粘り強さと損傷し難さが、検証できました。
貫タイプの耐力壁は、もっと再評価されるべきではないかと感じました。

初期強度の発揮から、大変形時の強度保持、そして、損傷のし難さなど。
総合的なパフォーマンスの高い耐力壁と言えそうです。
ただ、手間が増えることへのバランスをどう考えるかは課題です。

やっぱり実大実験は、収穫が大きいです。
posted by 青木正剛 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445235123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック