2016年12月15日

日本左官会議講演会・名古屋編2016,12,10

先週の土曜日、名工大で行われた日本左官会議の講演会に参加しました。
テーマは、「職人がいる町、塗り壁のある暮らし−その終焉がもたらすもの」

IMG_5321.JPG

IMG_5327.JPG

左官職人の挟土秀平さんをはじめ、
著名な左官職人さんの方々の、貴重なお話をお聞きしました。

登壇される方々の、実例写真を見ながら、思い入れのこもったお話です。
改めて左官の魅力を再発見します。
そして素材の大切さを、また改めて思い知らされます。

土壁と左官仕上げの仕事、もっとやらなければと思うものの、
現実的には、やっぱ問題は設計依頼が・・・。
家を建てる方々が、もっと、土壁に興味を持っていただけたらと思います。
私も、土壁の家づくりを提供できる者の一人でありたいと思っています。

土壁は、断熱性は不利と言われていますが、
ちょっと工夫すれば、長期優良住宅への応用もできそうです。
調湿性能から質感、そして美しさまで兼ね備えた土壁の魅力を享受してください。

東海地方は土に恵まれている地域です。
しかし、土壁を提供するどろコン屋さんは既に4〜5軒になっている状態とのこと。
土壁の家づくりを多くして、もっとどろコン注文してあげないと。
もし、どろコン屋さんが途絶えたら、ますます、土壁の家がつくり難くなります。

もっと土の仕事頑張らねば。
土壁にご興味をお持ちの方、ぜひ、お声掛けください。
posted by 青木正剛 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会・見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444922259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック