2015年11月29日

木こりと大工と歩く原生林ツアー

昨日、家族で「木こりと大工と歩く原生林ツアー」へ行ってきました。
場所は、設楽町の段戸裏に広がるブナの原生林。
思わず、「ここが愛知県?」という印象でした。
何百年と天然更新を続けている自然の森です。
感動です。

午前中は、木こり・杉野賢治さんと大工・中村武司さんによるトーク。
お二人は、スタジオジブリ発行の月刊誌「熱風」の第一回目に登場されているそうです。
午後は、杉野さんの案内で、ブナ・ミズナラの原生林の中のハイクでした。

林業の世界では、森を守るために切捨て間伐もしょうがないと言われていますが、
「伐られる木に無駄なものは1本も無い。全て、そして木の先まで使い切りたい。」
という杉野さんのお話は、強く心に染み入るものでした。
そして、そのためには、中村さんのような大工さんがもっと増えないと、
状況は変わらないのだろうと、改めて感じました。

CIMG5105.JPG

CIMG5139.JPG

CIMG5130.JPG

原生林では、ミズナラやブナの巨木や300年生を超える杉や松がむかえてくれます。
地表にしみ出てくる湧き水は、70年の時を要しているとのこと。
そして、ここが、海の始まり。
豊かな川、豊かな海は、水源の森が健全であってこそです。
まさに、森の神秘です。

秋から冬に掛けては、落葉して、森は明るいそうです。
夏になると、いたるところに緑の木陰ができているそうです。
四季折々の森の表情は、その時々の感動を与えてくれそうです。
また、家族でゆっくりと訪れてみたいです。

CIMG5146.JPG

CIMG5153.JPG

CIMG5133.JPG

ちなみに、私の利用してるソフトバンクのアイフォンは、電波がつながりませんでした。
でも、ひとつ気が付いたのは、GPSはつながっているようです。
アイフォンのグーグルマップでは、現在地が表示されていました。
山に入る時は、便利な道標になりそうです。
それと、廻りにお店は無さそうですので、弁当持参で行った方が良い感じです。

車を駐車した場所から、こんなに近くで原生林を体験できるのは、
そうそう他の地域にはないとのこと。
いろんな興味や意識などは置いておいても、
一度、体験してみる価値のある場所ではないかと思いました。
posted by 青木正剛 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

循環型の家づくり

循環型の家づくり
設計をする上での大きなテーマです。

木造軸組工法の住宅が、
最も適しているのではないかと考えています。
まず、日本の環境の中で、長寿命の家であることが前提にはなりますが、
利用する木材の平均樹齢の年月だけ家が長持ちすれば良い訳です。

家づくりの建築資材は、木材だけで完結するわけではありません。
しかし、木材を供給する山の人工林からの木材供給バランスが取れれば、
木材部分については、循環型素材による家づくりが継続できます。

国産の杉やヒノキの場合、
建築用材として供給される丸太は、
100年以上の高樹齢のものもありますが、
建築用材としてのメインは、30年〜100年生ぐらいの木です。

木造住宅に使われる木材の平均樹齢としては、
50〜70年といったところでしょうか。

ですので、建物の寿命としては、それ以上でありたい訳です。
日本の家の寿命は、欧米に比べて短いと言われて久しいですが、
本来は、長寿命であることが可能な建物です。
それは、現存する古民家や古い町屋を見れば解ります。

ちゃんと造られ、ちゃんとメンテナンスがされれば、非常に長持ちです。
鉄筋コンクリート造や鉄骨造に、引けを取るわけではありません。
また、木造軸組工法の住宅は、長い年月の中で、改修もし易いことが長所です。

湿気にさらされれば、木も鉄も腐食します。
コンクリートは耐水材料ではありますが、経年で中性化します。
中性化により、中の鉄筋を腐食させれば、
腐食鉄筋の影響でコンクリートが爆裂を起こし、
一気に鉄筋コンクリート造の構造耐力を失うこととなります。
鉄筋のかぶり厚なども問題になる部分です。
鉄筋コンクリート造も、耐久性の配慮がされてなければ、
以外に寿命の短い建物となってしまいます。

木造住宅の基礎も鉄筋コンクリート造ですので、
耐久性に対する配慮は、大事なことです。

木は、湿気による腐食や、シロアリなどの食害もありますが、
設計や施工で配慮し、メンテナンスを行うことで、
家の耐久性を大きく高めることが可能です。

耐久性を考える上で、木造住宅の場合は、何と言っても湿気対策です。
一番耐久性を損なうのは、雨漏りの放置です。
でも、それは、あくまで論外です。
現代の造りでは、気密化が進んでいますので、
構造体に、湿気の袋小路を作らないということが、非常に重要となります。
個人的には、湿気排出型であることが、長寿命の鍵となると思います。

地域材活用で長寿妙な家をつくる。
未来に向かって、大切にしていきたいです。
posted by 青木正剛 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

豊橋上野町の家完成見学会、無事終わりました

土壁と木組みでつくる家づくり
既に地鎮祭をしてから1年以上が経過しました。
あとは、残工事と若干の手直し工事をして、
引渡しを待つのみとなりました。

CIMG3997.JPG

CIMG4247.JPG

CIMG4086.JPG

お施主さんからいただいた初めてのメールは、2013年9月でした。
家づくりのご相談をいただいてから、はや2年以上です。
ようやくここまでたどり着いた、という感じもするのですが、
あと少し終わってしまうのが寂しい気持ちです。
毎週通っていた現場が終わるのは、残念でなりません。

今回は、本当にこだわりの家づくりとなりました。
私としても、自分の今の持てる力を精一杯つぎ込ませていただきました。
正直言って、貴重な仕事をさせていただいたと感じています。

CIMG4307.JPG

CIMG4228.JPG

CIMG4381.JPG

施工を担っていただいた望月工務店さん、そして職人さんたち、
真摯に取り組み、上質な仕事をしていただきました。
建築士が良い家づくりをするには、技術の高い方々がいてくれてこそです。
良い仕事をしていただき、感謝するばかりです。
今回は、高い職人技のありがたさを、改めて再認識できました。

また次に、このような仕様の仕事がさせていただけるよう、
体制を整え、勉強も重ねながら準備していきたいと思います。

また、現代でもこういう家づくりができること、
逆に、今だからこそ、
高い性能も成就しながら、こういう家づくりができることを、
もっとたくさんの方に知っていただけるよう、
ちゃんと告知をしていかなければと感じています。

それと、今回のお施主さんからも言われたのですが、
「設計事務所は、最初は、敷居が高かったです。」とのこと。
全然そんなことはないのですが、
この問題を何とかしていかないと、・・・
これ、家づくりの勉強より、難しいです。
posted by 青木正剛 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする